当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

独身女の格付け -家族構成と資産で老後が変わる?-

独身女は結婚をしません。つまり、夫がいないのです。
さらに、独身女は子供も居ません。
(未婚のシングルマザーの方を除く)

これは、何かあったときに頼る人が少なくなってしまうということを意味しています。

例えば、子供が居たとしたら、老後、急に入院しなければならなくなったときに、自宅から入院に必要な備品を持って来てくれる人がいますが、子供が居ない場合は、入院しても子供に入院に必要な備品を持ってきてもらうことはできません。

スポンサーリンク

また、夫が居ない場合も同様です。

さらに、入院するにしても、施設に入るにしても保証人が必要となりますが、まったくの赤の他人に保証人を頼むわけには参りませんので、保証人も立てることができません。

ですので、入院一つするにも不自由することになってしまいます。
これは、借家でも同様です。

借家を借りるには保証人が必要ですが、保証人がいなければ、借家を借りることができません。
そこで、保証人になってくれる人が必要だったりします。

そこで、家族構成が重要になってきます。例えば兄弟・姉妹です。
独身であっても、兄弟姉妹がいれば保証人になってくれますし、兄弟姉妹に子供が居て、その子供と普段から仲良くしていれば、入院時の保証人くらいにはなってくれる可能性が高くなりますので、兄弟・姉妹の存在は、独身女にとっては非常に重要な存在であると言えるかと思います。


スポンサーリンク