当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

独身女的・転ばぬ先の杖 -親戚・友人のネットワーク-

親戚や友人は、非常に大切な存在です。特に、独身女にとってはとても大切な存在です。
ですので、普段から忘れ去られないようにしっかりとケアしてゆきましょう。


親戚にはお中元やお歳暮やお誕生日のプレゼントを贈る

お中元やお歳暮や挨拶状を季節ごとに贈り続けると、忘れ去られ率が減りますのでお勧めです。「あの人親戚にいたっけ?」となってしまうと、いざというときに対処してもらいにくくなりますので、緊急時になる前から準備しておくことが大切です。

スポンサーリンク

電話をかけてもらう

電話番号を先方に知ってもらうということは、大変に重要なことだと思います。
それも、時々は電話をしてもらえる関係であることが重要だと思います。
なぜなら、独身女が一人暮らしをしていて何かあったとしても、普段は手紙をポツリポツリと書いたりしているしか接点がない場合は、なかなか対処してもらえないからです。ですので、特に親しい方々(親戚や友人)とは、電話をかけあえるように努力されるとよろしいかと思います。


人生を語り合う

人生を語り合える親戚や友人が居ると、いざというときに相談にのってもらえたり、アドバイスをもらえたり、手助けしてもらえることがあります。ですので、親戚や友人と人生を語り合える状態のままお付き合いをし続けることが大切であると思います。


これらのことは、自分の将来に何かあったときの為に行うんだと思っていると、魂胆がミエミエでなかなかトゲのあるものです。ですので、「魂胆があるな?」と思われないようにするためにも、これらのコネクション作りを普通の日常的なイベントの一つとして淡々と行っていくことが重要であるかと思います。

あくまでも、人付き合いを楽しみ、その中で人との大切なつながりを得ていくのだという心構えで望まれるのがよろしいかと思います。


スポンサーリンク