当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【税金】 子供の居ない独身女性の支払うコスト

子供を育てる(子育て)と言うのは、お金がかかります。
しかも、結構な負担になります。
時間的にも金銭的にも精神的にもです。

子供の世話に割かれる時間(おむつ交換、子供の病院通い、学校や保育園通いなどなど)や、教育費の支払い(就学費用、文房具などの備品、交通費など)、それに治療費(怪我、病気など)や、何年もの間子供を世話をし続ける精神的負担などです。

スポンサーリンク

これらの負担のうちで、時間的な負担や精神的な負担は、普段子育てをされている親御さんでしか負担できないのですが、金銭的負担であれば、税金健康保険料などの形で、子供の居ない独身女性でも負担することができます。

もし、世の中が独身女性だらけになり、自分が年老いた時に社会保障などを受けられなくなれば、自分自身が不利な立場になってしまいますので、私は、独身女性で子供が居ないのであれば、受益者負担の原則には反しますが、子供の養育費や教育費にかかる負担を税金や健康保険などの形で負担するのもやむ終えないように思います。

と言うわけで、子供の居ない独身女性は、ただ単に独身女性としての自由で気ままな人生を謳歌するのではなく、金銭的な面で(税金や健康保険などの形で)子育てをされている方々をサポートする意気込みが必要になるのではないかと思います。
(とは言っても、この貧乏な私のことですから、払いたいとは言ってもほんの微々たる物でしかないですが・・・。^^;)


スポンサーリンク